トランポリンの遊び方紹介! パート1

トランポリンってただ跳んでるだけでも楽しいですよね!

でも、何度も何度も遊んでいると、だた跳ぶだけでは物足りなくなってきます…。でも、習いに行くほどハマってるわけでもなく、お店の人にも聞きづらいし…

そんなあなたに、トランポリンの遊び方を紹介します!

簡単そうに見えて意外とできなかったり、難しそうに見えて意外とできちゃったり、やってみないとわからないのでぜひどんどんチャレンジしてくださいね!

※こちらは運営者自らが遊んでいる事であって、トランポリンの正式な跳び方ではありません。安全には十分気を付けて、無理のないようにお試しください。尚、こちらの方法で遊ばれたことでケガなどをされても責任は負いませんので、ご了承ください。

スポンサードリンク



グーチョキパー跳び

跳んだ時の足の形をグーチョキパーで表現しました。

※スマホでの撮影の為ボケていますが、ご了承ください。

グーとび

 

チョキとび

足を伸ばして前に出します。前後に広げたチョキとびも可能です。

 

 パーとび

 

この三種類が跳べると、応用あそびができます。

  1. ジャンケン大会…2人で跳びながらジャンケンします。跳ぶタイミングが合わないので、必ずあとだしジャンケンになるので、なかなかジャンケンが成立しません…親子で、わざと負けてあげるには有効です!
  2. 真似っこ大会…1人がグーを跳んだとしたら、次の人がグー+新技を跳びます。次の人がまたそれに技を足していき、どんどん連続技を増やしていきます。間違えた人が負け。頭の体操にもなるのでこどもの運動神経の発達に役立つと思われます。親はボケ防止になります。

 

その他、新しい遊びを開発してくださいね!

ポーズとび

グーチョキパーに似ていますが、跳びながら色々なポーズを取ってみましょう。

そりとび

意外とバランスを崩しやすいですので注意です。

その他、「仮面ライダー」「プリキュア」などの変身シーンや戦闘シーンの再現。

お笑いのネタとび「コマネチ」「アイーン」「そんなの関係ねぇー!」…ネタが古いって所はめをつぶってください…。

おとなは「ジョジョポーズ」もおススメです。

まとめ

ただ跳ぶだけで楽しいトランポリンですが、新しい遊びが増えるとますます楽しくなりますよ!

周りの方への配慮、無理をしないなど、注意して遊んでくださいね。また、お店で禁止されていることはやらないように!!!

どんどん新しい跳び方を紹介していきますのでお楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください